ホームセキュリティを導入するにあたってのメリット・デメリットについて調査

ホームセキュリティを導入しようと思っている人はいませんか?セキュリティが高まるなどのメリットのほかにも注意しておくべきデメリットもあります。そこでここではメリットとデメリット両方まとめましたので参考にしてみてください。

1.メリット

・防犯効果がある

ホームセキュリティシステムを導入すると警備会社のステッカーを自宅に貼れます。これだけでも犯罪者に対しては大きな効果があります。常に監視していることがわかり、わざわざ侵入したくないと思わせられるからです。

・警備員が駆け付ける

自宅内で何らかの異変が起きた場合、センサーが警備会社に通知します。そして警備員が現場に駆けつけてくれます。留守中ですぐに帰宅できない場合でも対処してもらえるので安心です。出張などでしばらく自宅を空けることが多い人にとって魅力的なサービスでしょう。

・見守りも可能

子供だけで留守番する時間がある、実家で高齢の親が一人暮らしをしている場合見守りサービスに対応しているところもメリットの一つです。緊急事態の場合でも警備員が駆け付けてくれるので、仕事などですぐに対処できない場合でも安心です。中には非常ボタンを用意しているところもあって、急病の場合ここを押せば管理センターに通報され、そこから救急車などを手配してもらえます。

2.デメリット

・お金がかかる

ホームセキュリティのデメリットとして無視できないのは、費用が発生する点です。大体が月額払いでその他にセンサーなどのセキュリティ機器を取り付ける代金も発生するかもしれません。どの程度かかるかは警備会社やプランなどによっても変わります。しかし一般的な一戸建ての場合、年間9万円前後はかかると思った方がいいです。

・賃貸では利用しにくい

セキュリティ機器を取り付けるに当たって、ちょっとした工事がどうしても必要です。自分の持ち家でない賃貸物件の場合、大家さんや管理会社の許可を得なければなりません。もし無断で工事すると、後々トラブルになる可能性も出てきます。一部警備会社では工事不要で利用できるプランもあるので、こちらの利用を検討しましょう。

3.まとめ

取付工事が必要になる、サービス利用のためにはお金がかかるといった問題点はありますが、やはり自宅を守ってもらえる安心感は大きな特色といえます。自宅を空けることが多い、子供やお年寄りなどが一人になるとき何か問題が起こらないか不安というのであれば、ホームセキュリティの導入を真剣に検討したほうがいいでしょう。

Copyright © 2020 WNET. All Rights Reserved. | Simple Persona by Catch Themes