近頃よく聞かれるホームセキュリティって具体的にどんなことをしてくれるの?

コマーシャルなどでホームセキュリティという言葉を聞いたことはありませんか?なんとなく自宅を守るという意味であることは理解できても、具体的にどう守ってくれるかわからないという人もいるでしょう。ここでは一般的なホームセキュリティの仕組みについてみていきます。

1.何かあると警備員が駆け付けるシステム

ホームセキュリティとは、自宅で何らかの異変があった場合に契約している警備会社の警備員が自宅に急行するシステムです。住宅内にセンサーを取り付け、異変があった場合に作動し、警備会社に自動的に通報される仕組みになっています。また警報音のなるセンサーもあり、不審者が侵入してきた場合即時に追い払うことも可能です。

・侵入以外にも対応

ホームセキュリティは不審者の侵入以外にも、さまざまな自宅のトラブルに対応しています。火災やガス漏れなどの異変にもセンサーは反応します。警備員が駆け付けてくれますが、侵入者を逮捕したり、火災の際に消火活動を行ったりはしません。必要性がある場合には、警備会社から110番なり119番なりに通報してくれます。

2.ホームセキュリティを導入するメリット

・24時間365日対応

警備会社と契約すれば、24時間・365日いるでも自宅を監視してくれます。仕事や家事・育児などで、自分では対処できない場合もあるでしょう。その場合本人に代わって、警備員が自宅に急行して必要な対応をしてくれます。セキュリティを自分一人で抱え込む必要がなくなり、心理的な負担が取り除けます。

・安心感がある

ホームセキュリティを導入すれば、自宅内で異変があった場合本人にも連絡が入ります。逆に言えば、何も起きていなければ、自分のところに連絡が来ません。外出する際に「ガスの元栓を閉めただろうか?」や「ドアの鍵を閉めただろうか?」と不安に感じたことはありませんか?もし警備会社から通報がなければ、自宅の中では何も起こっていない証拠です。外出時ずっとモヤモヤした思いを抱える必要もないです。

3.まとめ

仕事などで自分が不在の時、自宅の中で異変が起きていないか不安に思ったことはないですか?ホームセキュリティに加入していれば、異変が起きると警備会社にすぐに通報され、現場に警備員が急行してくれるので安心です。特に旅行や出張など、何日も自宅を空ける場合には大丈夫か不安に駆られることもあるでしょう。自分が不在の時に代わりに自宅を監視してくれる警備会社がいると心強いです。

Copyright © 2020 WNET. All Rights Reserved. | Simple Persona by Catch Themes